青梅のかりかり漬け
にがりを使った青梅のかりかり漬けの作り方

カリッとした歯ごたえと酸っぱさが魅力、今が旬の青梅を使ったかりかり漬け。
地元新聞にも掲載され大変ご好評頂き、おかげ様で現在お問い合わせが殺到致しております。

青梅のかりかり漬け材料

イメージ 青梅は1時間程水に浸して汚れやアクを取り除きます。
ざるで水を切り、包丁の角でヘタを取り除き、種子に当たるまで深く切り込みを入れます。

イメージ 梅に塩100gと海水にがり100mlを加え、手でもみながらなじませます。

イメージ 梅全体に塩と海水にがりがなじんで、梅の緑色が黄緑色になったら、塩と海水にがりを洗い流します。(約2日間)

イメージ 水をたっぷり入れて一晩塩抜きし、ざるで水を切ります。

イメージ

保存用瓶に梅と氷砂糖400〜600g、酢200mlを加え蓋をして冷暗所に保存します。
保存中は瓶を振ってなじませます。


20日ほどで食べ頃になります。密閉容器に梅酢ごと小分けして、冷蔵庫で保存すると長い期間”カリカリ感”を味わえます。


今回の青梅のかりかり漬けに使ったにがり等の材料はこちらから購入できます。
海水にがり シママース 生塩
当園で作りました自家製青梅のかりかり漬けもコチラから購入できます。

銀行振込
振込の際の手数料はお客様のご負担となります。
代引き
代引手数料 一律324円 (1個口5,400円以上のお買い上げの場合、代引手数料は当園にて負担させていただきます。)
ヤマト運輸・福山通運・ゆうパック
配送方法・送料についてのページをご覧ください。